安定感を求める

利益優先の自己経営か安心感のある運営委託か

もし活用出来ていない土地を持っていた場合に駐車場経営を始めようと思ったら、どのようにすればいいのでしょうか。 まずは自己経営と運営委託のどちらの方法で駐車場経営をするかを決めます。自己経営の場合は売上は全て手にすることが出来ますので魅力的ですが、駐車場の開業までの準備と開業後の運営管理を全て行わなければいけませんので、知識や経験がありませんと現実的には困難です。 運営委託を選択した場合には、まず駐車場ビジネスを手がけている業者に相談に行くことから始めます。そうしますと交通量調査や近辺の駐車場の状況など様々な調査や分析を行ってくれます。そしてどのようなタイプの駐車場にするかを決定しましたら運営委託業者と契約を結びます。 その後は駐車場開業のための塗装工事や機器の設置が行われて、整備が完了しましたらオープンするといった流れになっています。

低リスクで始められる駐車場経営

最近は数多くの駐車場が出来ていますが、その理由としてはやはり駐車場経営には数多くのメリットがあるということです。 土地の有効活用の方法には、マンションやオフィスビルなどを建てて賃料収入を得る方法もありますが、その場合には建物の建築費が必要となります。眠っている土地を活用したいとはいえ、その為に金融機関などから借入をするには安定した家賃収入を得続けなければいけないなどリスクが生じます。その点駐車場経営は比較的少ない費用で始めることが出来ますのでリスクを抑えられます。また開業までのスピードも賃貸住宅経営などよりも格段に早く始めることが可能です。 土地の広さに関しても駐車場の場合は様々な対応策があります。何十台もの駐車スペースがある駐車場や2,3台のみのスペースでも駐車場でも経営は可能です。 このようにリスクを抑えて、安定した収入を得られる駐車場経営の人気は依然上昇傾向にあります。