負担がなくなる

空き室対策の負担をゼロにする

アパートなどの賃貸住宅を経営する者にとって、理想となるのは常に満室状態で家賃収入が安定的にもたらされることです。しかし現実にはそううまく行くものではなく、絶えず空き室対策を講じていなければならないというのが実状です。しかし、方法次第では空き室が出る出ないに関わらず安定的な収入が得られるという賃貸経営も現実には可能です。その方法をサブリースといいます。サブリースとは直訳すれば転貸のことで、オーナーが所有する賃貸物件を専門の事業者が借り上げ、自ら募集した入居者に貸し出すシステムをいいます。従来は企業の社員寮などを設置する際に利用されていましたが、現在では一般の賃貸住宅においても広く用いられるようになっています。

管理業務も委託してラクラク賃貸経営

サブリースを利用するには、まず専門の事業者との間に借り上げ契約を結びます。これがマスターリースとなります。そしてこの契約の際に事業者がサブリースを行うことを承諾することでシステムが運用されます。サブリース方式を採用すると、入居者の募集・審査・家賃の回収といった業務はすべて事業者が代行します。清掃やメンテナンスなどの管理業務を代行する事業者もあり、オーナーにとっては負担の軽減になります。また、オーナーの受け取る家賃収入はマスターリース契約に基づいて毎月事業者から支払われるので、個々の住戸において空き室や家賃未納などが発生してもそれには影響されません。つまり実質的に家賃保証を受けているのと同等の効果が得られるわけです。